Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年第1四半期のインシデント報告数は微増、マルウェアサイトが増加 - JPCERT/CCレポート

JPCERTコーディネーションセンターは、2012年第1四半期のインシデント報告状況を取りまとめた。

レポートによると、同四半期のインシデント報告件数は2699件で、前四半期の2501件から8%増加した。月別で見ると最多だったのは3月で、1050件に上っている。このうち、サイト管理者などに問題解決のため調査と対応を依頼した件数は754件だった。

報告を受けたインシデントをカテゴリ別に見ると、もっとも多かったのはシステムの弱点を探索したと見られる「スキャン」で1823件。全体の71.9%を占めた。

次に多かったのは全体の11%にあたる「フィッシングサイト(324件)」で、前四半期の314件から増加した。国内ブランドを装ったサイトは58件で、前回より減少する一方、国外ブランドを装ったケースは221件で、前回の198件を上回った。種類別に見ると、金融関連サイトが63%で半数以上にのぼる。

3番目に多かったのが、前四半期から31件増となった「マルウェアサイト(162件)」。さらに「ウェブサイトの改ざん(142件)」と続く。サイトの改ざんは前回の164件から減少したが、2月に集中し、1カ月で80件の報告を受けたという。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を