Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、クラウド型MDMソリューションの提供開始日を変更

ネットスターは、1月の発表当初2月末にリリースを予定としていた「NetSTARビジネススマートセキュリティ」の発売を3月1日に変更した。出荷は3月16日を予定している。

同サービスは、スマートフォンやタブレット端末向けに端末管理機能を提供するクラウド型サービス。サービス開始当初は「iOS」に対応し、「Android」にも順次対応を予定している。

基本サービスとして、「URLフィルタリング」や「ファイアウォール」「VPN」「レポート機能」などを用意。月額利用料は1デバイスあたり525円。初期費用10万5000円が別途必要。マネジメントオプション(420円/月)や拠点間VPNオプション(630円/月)についても提供する予定。

(Security NEXT - 2012/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化