Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リビア情勢に便乗する詐欺スパムに注意

シマンテックは、カダフィ政権が崩壊したリビア情勢に便乗するスパム攻撃を観測しているとして注意を呼びかけている。

問題のスパムは、カダフィ大佐の近親者や関係者、医師を名乗ったメールで、政権崩壊にともない膨大な資産を移転させる必要があるとして協力者を求め、メールの返信を求める内容だという。

メールの文面では、成功時に金銭を支払うなどとして誘惑しているが、典型的な詐欺メールの一種で、メールアドレスや個人情報を収集を目的とした攻撃であるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象