Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先が165万件の顧客情報を無断持ち出し - 山陰合同銀行

山陰合同銀行において、顧客情報165万7131件が無断で外部へ持ち出されていたことがわかった。

同行によれば、7月20日から翌21日にかけてシステム保守の再委託先従業員が同行事務センターでシステムの保守作業を実施した際、サーバからUSBメモリへ顧客データをコピーし、無断で持ち出したという。

持ち出された顧客情報は、個人顧客152万5478万件および法人顧客13万1653件。氏名や住所、生年月日、電話番号、取引内容など含まれる。

USBメモリの使用は禁止されており、保守委託先の監視センターにおいて異常を示すアラートが出たため調査を行ったところ、USBメモリの使用が判明。再委託先の調査により同従業員による持ち出しが発覚した。

(Security NEXT - 2011/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査