Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

64ビット版Windowsを標的にするマルウェアが増化 - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、5月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。Mac OSを狙った偽アンチウイルスソフトや、64ビット版Windowsを狙ったマルウェアが増加している。

同社がまとめたインターネット上のマルウェアランキングでは、上位20のうち13種があらたに登場したマルウェア。1位と2位は前月と変わらず、「AdWare.Win32.HotBar.dh」と「Trojan.JS.Popupper.aw」だった。

一方ユーザーのPC上で検知されたマルウェアランキングは、前月同様、1位は「Net-Worm.Win32.Kido.ir」。2位は前回からランキングを1つ上げた「Virus.Win32.Sality.aa」だった。

5月には、ウェブ経由で偽セキュリティ対策ソフトを感染させようとした試みが10万9218件検知された。検索エンジンにおいて、上位表示から誘導するケースが確認されたほか、「Best Mac Antivirus」や「MAC Defender」など、Mac OS Xを狙ったプログラム出回っている。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準