Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを標的にしたマルウェアが4倍に - 多くの端末が未対策

ジュニパーネットワークスは、携帯端末のセキュリティ動向に関する調査を取りまとめた。

スマートフォンをはじめとする携帯端末を狙った攻撃やマルウェアに関する研究を行っている同社の専門機関が、「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書」を取りまとめたもの。

レポートによれば、企業や一般ユーザーの携帯端末に対する攻撃が記録的な伸びを見せており、なかでもAndroid端末を標的とした攻撃は2010年夏以降400%と急激に増加している。Wi-Fiを狙った攻撃も高い水準を見せている。

端末のマルウェア感染の最大原因はアプリケーションのダウンロードで、感染したマルウェアの17%は、有料サービスにSMSを自動送信するものだった。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性