Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを標的にしたマルウェアが4倍に - 多くの端末が未対策

ジュニパーネットワークスは、携帯端末のセキュリティ動向に関する調査を取りまとめた。

スマートフォンをはじめとする携帯端末を狙った攻撃やマルウェアに関する研究を行っている同社の専門機関が、「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書」を取りまとめたもの。

レポートによれば、企業や一般ユーザーの携帯端末に対する攻撃が記録的な伸びを見せており、なかでもAndroid端末を標的とした攻撃は2010年夏以降400%と急激に増加している。Wi-Fiを狙った攻撃も高い水準を見せている。

端末のマルウェア感染の最大原因はアプリケーションのダウンロードで、感染したマルウェアの17%は、有料サービスにSMSを自動送信するものだった。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件