Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを標的にしたマルウェアが4倍に - 多くの端末が未対策

高機能化する端末が増加し、サイバー犯罪者の標的となる一方で、ユーザーの多くはマルウェアをスキャンするウイルス対策を導入していないという。

マルウェア以外にも、端末の紛失や盗難による情報流出も懸念材料となっており、同社ではマルウェア対策だけでなく、遠隔ロックやデータ消去、位置特定などの紛失対策も重要であると指摘している。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド