Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、電気の使用状況を独自予測する「電気予報」 - 「週間予報」も

ヤフーは、東京電力管内の電力使用状況を予測する「電気予報(ベータ版)」を同社サイトや節電情報ページ上で公開した。

電気予報は、東京電力発表の使用状況グラフの実績や日本気象協会のデータをもとに、同社が独自に算出した「向こう24時間の推定電力使用状況」を提供するもの。

さらに「1週間先までの推定最大電力使用時間帯および使用率の予想」も提供することで、より効果的な節電対策をサポートする。

電気予報は毎日5時と17時に更新され、Twitter経由でも提供するほか、Yahoo!デベロッパーズネットワークにおいて、APIも公開している。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
「処理水放出」に便乗するフィッシング - 「1000万円を支払う」と偽サイトへ誘導
処理水放出口実にサイバー攻撃か - 脆弱性攻撃を扇動する動きも
NTT東西、特定国番号の着信拒否できず - 海外迷惑電話で相談窓口
個情委、電力会社に行政指導 - 資源エネルギー庁も
福島原発事故の追加賠償に関する請求書を誤送付 - 東電
柏崎刈羽原発の火災防護関連資料を紛失 - 東電
関西電力かたるフィッシング - 未払い料金の請求を偽装