Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年の新種マルウェアは200万件超 - G Dataレポート

下半期を上半期と比較すると増加が目立ったのは「アドウェア」。全体に占める割合は3.2%と高くないものの、増加率は66ポイントを記録した。逆に目立って減少したのは「ルートキット」で、61ポイント減少したという。

下半期に亜種が多かったのは、ダウンローダーやキーロガー、ファイル暗号化の機能が統合された「Genome」だった。次いで個人情報を盗み出す「Buzus」、感染コンピュータの遠隔操作を可能にする「Hupigon」と続く。

2010年下半期の注目トピックとしては、「WikiLeaks」の影響拡大と賛否の論争激化、「Stuxnet」による産業インフラへの攻撃、Javaの脆弱性を狙った攻撃の3点を挙げている。

(Security NEXT - 2011/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減