Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年の新種マルウェアは200万件超 - G Dataレポート

G Data Softwareは、2010年下半期のマルウェアの動向についてレポートを取りまとめ、発表した。

レポートによれば、同社が2010年下半期に定義ファイルであらたに対応したマルウェアは107万6236件。上半期も合わせた年間件数は209万3444件で、2009年の158万8005件を上回り過去最高となった。1日平均5735件が発生した計算になるという。

月別の増加傾向を見ると、2月と3月と5月が20万件以上と目立ったが、その後やや減少傾向となった。しかし、10月と11月に再び20万件以上発生したため、前年を上回る結果となった。

下半期に出現したマルウェアを種類別に見ると、「トロイの木馬」で全体の41.6%を占め最多だった。さらに「ダウンローダー/ドロッパー(22.3%)」「バックドア(13.9%)」「スパイウェア(10.5%)」と続く。

(Security NEXT - 2011/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談