Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCがサーバのセキュリティ設定見直しを呼びかけ - 国内に踏み台が多数存在

公開サーバにおけるセキュリティの不備が突かれてサーバへ不正に侵入され、サイバー攻撃の踏み台に利用されるケースが目立っているとして、JPCERTコーディネーションセンターが注意換気を行っている。

不正侵入により設置されたプログラムが稼働し、攻撃元となっているIPが国内に多数存在していることから、サーバ管理者などへ注意を呼びかけたもの。

問題の不正プログラムは、SIPプロトコルで使用される5060ポートに対してスキャンニングを実施し、SIP関連機器を特定。さらに約13万行の辞書攻撃を行い、SIPアカウントの不正取得を試みる。

攻撃により窃取されたSIPアカウントは、国際電話の不正発信に利用されていると見られ、アカウントの所有者へ身に覚えのない多額の請求が行われる可能性がある。

(Security NEXT - 2011/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内でも被害発生、「ColdFusion」の既知脆弱性狙う攻撃
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽
オープンソース版「OpenAM」にオープンリダイレクトの脆弱性