Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1日平均3066件の悪質サイトを検知、前年から2割増 - メッセージラボ2010年まとめ

同ウイルスは標的型攻撃に利用されるのも特徴で、攻撃発生時の5年前には週に1、2件の攻撃が検知されたが、増加傾向が続き2010年には1日10件から60件に増加。年末には1日77件の攻撃をブロックしている。

標的型攻撃は多様化と複雑化が進んでおり、標的となる業界も一定していない。また、5年前は有名な大企業が狙われるケースが多かったが、現在では攻撃の範囲は多岐にわたった。

フィッシングメールの割合は445.1通に1通で、前年の325.2通に1通から減少。スパムメールの割合は全メールの89.1%で、前年比1.4%の上昇となった。

(Security NEXT - 2010/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件