Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本籍など記載された居住実態調査票を紛失 - 目黒区

目黒区は、住民4人の個人情報が記載された「住民登録実態調査票」を紛失したと発表した。

紛失したのは、4人分の氏名、住所、生年月日、性別、前住所、本籍などが記載された住民登録実態調査票、および住民記録システム個人現状照会画面を印刷した書類。

11月16日、職員が住民基本台帳法に基づく居住実態調査のため、担当13世帯分の書類を携帯して関係者を訪問。終了後に書類を事務所に保管したが、18日になって書類を整理した際、紛失に気が付いたという。

区では、今回の紛失判明を受け、訪問先の捜索や警察への届出など、対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
委託先でランサム被害、影響は調査中 - 岸和田市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市