Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了OSでボット検出比率が高まる傾向 - CCCまとめ

サイバークリーンセンター(CCC)は、8月のボット検知状況を取りまとめた。サポート終了後のOSではボット検出比率が高まる傾向が顕著に表れているとして、注意を呼びかけている。

同レポートによれば、8月のボット収集総数は12万8162件で、7月の13万1786件から減少した。一方、重複を除く同定検体数は10万7623件と、前月の9万5014件からわずかながら増加。ウイルス対策ソフトで検知できない未知検体数も226件と微増している。

マルウェア検体の収集を目的としたハニーポットでは、国内の収集数が大幅に縮小した。7月末から続いている「PE_VIRUT.AV」の減少が影響し、感染後に接続されていた海外特定サイトからの収集も0件となったという。

検体種類別ランキングの1位は依然として「WORM_DOWNAD.AD」が占めており、2位の「WORM_RBOT.SMA」に4倍の差をつけた。また「PE_VIRUT.AV」の動きにともない、感染後にダウンロードされる「WORM_PALEVO.SMP」および「WORM_PALEVO.SMJF」が上位20位から姿を消している。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも