Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、量子暗号ネットワークの試験運用開始 - 秘密鍵生成は実環境で世界最速

情報通信研究機構(NICT)と委託研究機関であるNEC、三菱電機、NTTは、NICTのテストベッドネットワーク「JGN2plus」上に量子暗号ネットワークを構築し、試験運用を開始する。

今回の試験運用では、JGN2plus上の4拠点に量子鍵配送装置を設置。複数の回線パターンからなる最長90キロメートルの量子暗号ネットワークを構築し、多地点間のテレビ会議システムを運用するもので、都市圏の敷設光ファイバ網では世界初の試みになるという。

量子暗号ネットワークは、1度のみ利用する秘密鍵を生成、光ファイバにより共有するワンタイムパッド暗号化技術が特徴で、国家レベルの機密通信や電力、ガス、水道といった重要インフラ、金融機関などへの活用を目指している。

従来は、音声データの暗号化が限界で、伝送距離も敷設光ファイバで数10キロメートルが限界だったが、今回の実験においては、45キロメートルの光ファイバ回線で世界最速となる毎秒約10万ビットの秘密鍵を生成する。

(Security NEXT - 2010/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ニデック子会社へのランサム攻撃、グループ会社にも影響広がる
コンサルファームがランサム被害 - 顧客に影響広がる可能性
データが暗号化被害、業務継続や復旧に向けて情報を収集 - 駒井ハルテック
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学