Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、量子暗号ネットワークの試験運用開始 - 秘密鍵生成は実環境で世界最速

情報通信研究機構(NICT)と委託研究機関であるNEC、三菱電機、NTTは、NICTのテストベッドネットワーク「JGN2plus」上に量子暗号ネットワークを構築し、試験運用を開始する。

今回の試験運用では、JGN2plus上の4拠点に量子鍵配送装置を設置。複数の回線パターンからなる最長90キロメートルの量子暗号ネットワークを構築し、多地点間のテレビ会議システムを運用するもので、都市圏の敷設光ファイバ網では世界初の試みになるという。

量子暗号ネットワークは、1度のみ利用する秘密鍵を生成、光ファイバにより共有するワンタイムパッド暗号化技術が特徴で、国家レベルの機密通信や電力、ガス、水道といった重要インフラ、金融機関などへの活用を目指している。

従来は、音声データの暗号化が限界で、伝送距離も敷設光ファイバで数10キロメートルが限界だったが、今回の実験においては、45キロメートルの光ファイバ回線で世界最速となる毎秒約10万ビットの秘密鍵を生成する。

(Security NEXT - 2010/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起