Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビットアーツ、ウェブアプリの脆弱性検査ソフトを無償提供

ビットアーツは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検査できるWindows向けソフト「Whitetip」の無償提供を開始した。

同製品は、ウェブアプリケーションにおける「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」をはじめ、「パストラバーサル」「バッファオーバーフロー」など、ウェブアプリにおける16種類の脆弱性を検査することができるソフトウェア。

同社のウェブアプリケーション脆弱性診断サービスで活用しているツールに一部制限を設け、開発者向けに公開したもので、自身で開発したウェブアプリについてローカル環境で検査する場合に限り無償で利用することが可能。無制限で利用できる有償版の提供については、現在未定だという。

(Security NEXT - 2010/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX