Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、eコマースサイトの脆弱性診断を希望する中小企業の募集を開始した。通常100万円以上の費用がかかる診断を無償で実施するという。

eコマースサイトにおいてクレジットカードの流出事故など相次いでおり、脆弱性の実態把握に向けて、専門家による脆弱性診断を無償で提供するもの。経済産業省から補助を受けて実施するという。

ネットワーク診断にくわえて、「OWASP Top 10」 「OWASP アプリケーションセキュリティ検証標準 4.0」や、同機構が提供する「安全なウェブサイトの作り方」の掲載項目にあるウェブアプリケーション診断などを実施。通常100万円以上の費用がかかる診断内容だとしている。

インシデントが生じると、サイトを停止せざえる得ない状況に陥り、顧客などの信頼を失ったり、事業継続に影響を及ぼすおそれがあるが、診断を受けることでサイトの状況を把握したり、専門家による助言を得られるとしている。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで