Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、三重にミラー化したクラウドストレージ - ログ収集やIPによる制限も

BIGLOBEは、法人向けクラウド型オンラインストレージサービスを、10月1日より提供開始する。

「BIGLOBEメッシュストレージサービス」は、大容量のデータを受け渡したり共有できるサービス。障害発生に備え、三重にミラー化したデータストレージを使用している。またIPアドレスやドメインによる利用者ごとのアクセス制限が可能で、アクセスログを収集可能。

さらにID登録をせずにファイルアップロードが可能な「受取フォルダ機能」を搭載。独自URLの作成とパスワードの設定を行い、受取フォルダを公開するだけでファイルのアップロードができる。

複数法人共用型の「メッシュストレージ」は、初期費用不要で1ID、1Gバイトで月額999円から。1法人専用型で標準構成の「メッシュストレージ ST」は初期費用15万7500円、標準100Gバイトで月額26万2500円。高可用性構成の「メッシュストレージ HA」は初期費用33万6000円、標準100Gバイトで月額44万1000円。

(Security NEXT - 2010/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで