Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、ゲストOS数に依存しない新ライセンス体系を導入

エフセキュアは、サーバ向けウイルス対策ソフトについて、仮想化環境向けの新ライセンスモデルを提供開始した。

「エフセキュアバーチャリゼーションサーバパッケージ」は、CPUコア台数によるライセンスモデル。仮想化環境で動作するゲストOSの増減に影響を受けないシンプルな体系を採用した。

同パッケージには、「アンチウイルスWindowsサーバ」「Linuxセキュリティフルエディション」「Linuxセキュリティコマンドラインエディション」の3製品が含まれ、WindowsやLinuxに関係なく利用することが可能。

サポート対象の仮想化ソフトウェアは、「VMware」「Citrix XenServer」「Windows Server 2008 Hyper-V」で、同社では仮想化環境にあるゲストOSへインストールされた場合もサポートする。

価格は1から4コアの場合、1コアあたり9万8000円/年。次年度以降は半額で提供する。

(Security NEXT - 2010/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」