Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本はネット犯罪発生率が14カ国中最低 - ネットに対する不信感高いも対策に関心低い

もし被害に遭ったら行動を変えると回答したのは51%とほぼ半数。日本ではさらに低く37%。ネット犯罪を警察に通報したのは44%と半数以下で日本でも52%だった。

日本の調査結果の特徴として、犯罪発生率が低いにもかかわらず、ネットの安全性に対する不信感が高いことが挙げられる。インターネットを安全だと思う(34%)、とても安全だと思う(1%)は、いずれも世界平均の66%、9%を大きく下回る。

不信感が高いものの、予防措置を講じていない傾向が現れており、オンラインショッピング専用のメールアドレスを利用していない回答者は92%(世界平均83%)、パスワードを頻繁に変更したり複雑にしていない回答者は91%(同62%)と、いずれも世界平均を上回る。

不審なメールを削除すると答えたのは58%で、世界平均の77%から2割近く低い値。最新のセキュリティソフトを利用しているとする回答者も54%と半数強にとどまり、世界平均の67%に及ばなかった。

(Security NEXT - 2010/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE