Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本はネット犯罪発生率が14カ国中最低 - ネットに対する不信感高いも対策に関心低い

日本におけるインターネット犯罪の発生率は低いものの、完全に解決されないケースが世界平均の2倍にのぼることが、シマンテックの調査によりわかった。またネットに対する不信感が高い一方で、セキュリティ対策への関心が低いという。

同調査は、日本を含む世界14カ国の18歳以上7066人を対象に実施したもので、レポートによれば、ウイルスの感染、クレジットカードに関する詐欺、個人情報の盗難など、ネット犯罪の被害を受けたユーザーの割合は65%だった。被害者の割合が高かったのは米国と中国で、日本は36%と14カ国中最低だった。

ネット犯罪の解決にかかる日数は平均28日で、日本は32日とやや長め。解決するためのコストは日本の場合1万6112円で、調査対象国の平均約3万円に比べ半額に近い水準となっている。

日本では、犯罪が完全に解決に至らないケースが60%で、世界平均の31%の2倍にのぼる。ネット犯罪は裁かれないと考えている回答者は約80%、日本では74%だった。

(Security NEXT - 2010/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件