Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ショートカット脆弱性を悪用する攻撃が1位、今後も要警戒 - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる7月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。「Windowsシェル」の脆弱性を悪用するウイルス「Trojan.Stuxnet」の拡大が確認されている。

7月に同社製品がメールトラフィックやユーザーのPC上で検出したマルウェアの総数は、5万5035件。7月は、「Windowsシェル」の脆弱性を攻撃し、細工した「ショートカットファイル」で攻撃する「Trojan.Stuxnet」の動きが活発だった。

最初に検知された「Trojan.Stuxnet.1」は、ユーザーPC上の検出ウイルスランキングで6位に入り、同じ脆弱性への攻撃を総称した「Exploit.Cpllnk」は数日で1位に入ったという。

8月3日に、同脆弱性を修正する定例外のパッチが公開されたが、リムーバブルメディア経由で感染するケースもあり、今後もしばらくは感染被害が続くと同社では分析している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン