Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大1024コア、スループット40Gbpsに対応するプラットフォームを開発 - ソニックウォール

ソニックウォールは、アプリケーションによるアクセスの制御や外部からの侵入の防止、マルウェア対策などを実現する「Project SuperMassive」を発表した。

同ソリューションは、ネットワーク上のトラフィックを監視し、アプリケーション層における検出やコントロール、外部からの侵入防止、マルウェア対策機能を提供するソリューション。2700以上のアプリケーションに対応しており、ユーザーやグループ、コンテンツ単位の制御が可能。

同社が提供するマルチブレード上においてマルチコアで稼動し、最大1024コアまで拡張できる。パケット解析を行う「RF-DPI(Reassembly-Free Deep Packet Inspection)」エンジンを搭載しており最大40Gbpsの処理が可能だという。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ