Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧で制限を実施している企業は62% - 大企業は4割弱がTwitterを制限

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は、企業内におけるウェブ閲覧の実態調査を実施し、結果を取りまとめた。企業の62%が何らかの閲覧制限を行っており、大企業ほど厳しい制限を設けていることがわかった。

同調査は、日本アドバタイザーズ協会およびWeb広告研究会の加盟企業467社と官公庁102団体を対象に郵送で実施したもので今回で3回目。調査期間は2010年1月21日から2月19日までで、169の企業および団体から回答を得た。

ウェブ閲覧については、無回答を除くすべての組織で可能だったが、そのうち62%が何らかの閲覧制限を実施していると回答。具体的な制限方法は、「ドメイン単位で実施」が28%で最も多く、「キーワード単位で実施」25%、「SSLの制限」6%と続く。

SNSや動画サイトで利用可能なサービスを見ると、「個人ブログ」が80.5%で最多。また「Twitter」は75.6%、「mixi」は69.5%、「YouTube」は70.7%、「ニコニコ動画」は65.2%、「2ちゃんねる」は61.0%で、いずれも利用不可と回答したのは3%だった。

(Security NEXT - 2010/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
セキュリティ啓発の動画コンテスト開催 - トレンド
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
やってはいけない脆弱性情報の取扱とは? - IPAが解説動画
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増