Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性DBの登録件数が8000件を突破 - IPA

アクセス数のランキングでは、「SSL および TLS プロトコルに脆弱性」がトップ。「複数のDNS実装にキャッシュポイズニングの脆弱性」「OpenPNE におけるアクセス制限回避の脆弱性」が続いた。

同四半期中に登録された脆弱性が4件、2009年に登録された脆弱性が3件、2008年以前の脆弱性が3件だった。深刻度では8件が「警告」「注意」が2件だった。

一方、2009年4月から2010年3月まで1年間を通じてアクセス数が多かった脆弱性は、「複数のDNS実装にキャッシュポイズニングの脆弱性」が首位だった。10位圏内の深刻度を見ると、もっとも高い「危険」が2件、続く「警告」が6件、「注意」が2件。

上位10位以内に期間中に明らかになった脆弱性は1件もなく、2009年に明らかになった脆弱性も2月に明らかになった5位の「Apache Tomcat における情報漏えいの脆弱性」のみ。大半は7件は2008年、2件は2007年に明らかになった脆弱性だった。

(Security NEXT - 2010/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
6月の脆弱性悪用リスト「KEV」への登録は9件
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
先週注目された記事(2024年6月16日〜2024年6月22日)
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)