Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブやメールの利用実態と企業ポリシーに大きな乖離 - クリアスウィフト調査

情報漏洩などのセキュリティリスクも増加傾向にある。特に、2008年10月の前回調査から目立った増加を見せたのがメールの誤送信で、誤送信経験があると回答したのは前回の20%から36%に増加している。

宛先の間違い(49%)や添付ファイルの暗号化忘れ(25%)など人為ミス以外にも、業務情報を個人のアドレスに転送している従業員が46%、社外秘の機密情報や個人情報などをメールでやり取りしている従業員が16%、ウェブでやり取りしている従業員が9%など、事故ではなく故意の規則違反も目立った。

従業員のセキュリティポリシー認知度は高く、ウイルス感染や情報漏洩などのセキュリティリスクについても90%以上が問題意識を持っているが、リスクを認識しながらも利便性を優先させる傾向があるとして、同社では従業員同士が柔軟なコミュニケーションを行える環境の確立が重要だとしている。

(Security NEXT - 2010/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声