Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、自動車に関する国内外情報セキュリティ動向を調査 - 交通事故直結の課題へ提言

情報処理推進機構(IPA)は、欧州における自動車の情報セキュリティに対する取り組みの状況や国内の現状について取りまとめた報告書を公開した。

今回公開した「国内外の自動車の情報セキュリティ動向と意識向上策に関する調査報告書」は、自動車において情報化が進んでいることから、情報セキュリティ対策について国内外の動向について調査を実施し、取りまとめたもの。

欧州の先行的な取り組みや自動車の情報セキュリティの普及施策として活用の可能性が考えられる国内制度について調べ、自動車関連業界が取り組むべき情報セキュリティ対策や整備や車検制度などを活用した情報セキュリティ対策推進の体制づくりなど課題について盛り込んだ。

同機構は、報告書を取りまとめた背景について、車載コンピュータの増加にくわえて、ネットワーク化によるインターネットへの接続など、将来的に外部からの攻撃が可能になるおそれがある点に言及。

不正なソフトウェアの書き換えにより、運転者の意に反したブレーキ操作や自動料金収受システムにおけるトラブルで料金所の通過が妨害されるなど大事故につながる危険性を含んでいると指摘している。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス