Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定のIPやURLに対するフィッシング攻撃の増加傾向が続く - シマンテックスパムレポート

フィッシング攻撃の総量も2月より3ポイント減少しているが、これはフィッシングツールキットによる攻撃が前月比35ポイントと大幅に減少したことがおもな原因と分析している。一方、特定URLへの攻撃は1.5ポイント、特定IPへの攻撃は4ポイント増加した。

3月には、電子決済サービスを提供している企業を標的とした大規模なフィッシング攻撃が確認された。フィッシング攻撃全体の4.4%を占め、おもに英語とフランス語のフィッシングサイトが利用されたという。

その他の傾向として、求人関連のスパムが目立っていることや、「.cn」ドメインに代わって「.ru」ドメインのURLを含むスパムの増加などを挙げている。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇