Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、KasperskyにフィッシングURL情報を提供

フィッシング対策協議会は、Kaspersky Labs Japanへフィッシング攻撃のURLデータを提供すると発表した。

Kasperskyでは、提供を受けたデータを法人向けに提供している「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 R2」やコンシューマー向け製品「Kaspersky Internet Security 2010」へ反映させ、フィッシング対策の強化を図る。

フィッシング対策協議会では、2月より収集したフィッシング詐欺サイトのURL情報を、会員へ積極的に提供していくことを表明、すでにヤフーが利用を開始している。

提供されるURLは、1カ月あたり100から150件程度としており、フィッシングサイトが確認されるたびに、事務局を務めるJPCERTコーディネーションセンターよりメールで提供される。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」