Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月から1カ月で380件以上のサイトが改ざん - Kasperskyが確認

ウェブサイトを改ざんし、不正サイトへ誘導する攻撃が引き続き発生しており、いまだ改ざん対策が不十分のサイトも存在しているとして、Kaspersky Labs Japanが注意を呼びかけた。

同社は、2009年10月に登場した「Gumblar亜種」に続き、12月21日に登場した「Pegel」が広がっていると説明。いずれも改ざんを行い不正サイトへ誘導するスクリプトで、脆弱性に対して攻撃し、感染するとFTPアカウントのアカウントの漏洩など発生する。

さらに「Pegel」は攻撃の際に「JRE」の脆弱性が悪用する点や、JavaScript内に特徴的なコメントの挿入、接続に8080ポートを利用しているなど異なる特徴を持つと同社は指摘。

またボット化や偽セキュリティ対策ソフトのインストール、スパムメールの送信など、従来に攻撃に加え、さらに幅広い攻撃を行い、同社の調べでは、2009年12月21日から2010年1月24日までに380件以上の感染サイトを確認したという。

被害については、マルウェアのダウンロードを行い多重感染を引き起こすため、感染した場合の対策としてOSの再インストールを推奨している。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件