Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用される「クラウド」と攻撃から企業を救う「クラウド」

同氏によれば、こうしたクラウドサービス経由の攻撃は、現状同社で検知される攻撃の1%に満たないという。しかし、Amazon AWSを悪用した攻撃だけ見ても、2008年の実績である50件弱から250件強と増加割合は小さくなかった。サービスが悪用される理由に、「Windows Vista」や「Windows 7」など、ボットへ感染させることが従来より難しくなっていることがあるという。

091211la2.jpg
攻撃の流れ

091211la3.jpg
件数は少ないものの、増加率は約500%と高い

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
「攻撃遮断くんサーバセキュリティタイプ」に遮断IPが追加不能となる脆弱性