Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用される「クラウド」と攻撃から企業を救う「クラウド」

ハードウェアリソースやソフトウェアなどを仮想的に提供する「クラウド技術」が注目されているが、こうした最新技術を悪用されるケースが発生している。一方で、大規模なDDoS攻撃から公共機関や企業のウェブを攻撃から救ったのも「クラウド技術」だ。

ラックのサイバーリスク総合研究所所長である新井悠氏が、12月8日に開催されたメディア向け説明会で、2009年の情報セキュリティに関連したトピックのひとつとして「クラウド技術」に注目し、解説を行ったもの。「クラウド」はメリットである「光の面」強調される傾向があることから、語られることが比較的少ない「闇の面」を取り上げたという。

091211la1.jpg
登壇したサイバーリスク総合研究所所長である新井氏

同氏は、パスワードクラックのための総当たり攻撃の演算など、コスト計算がしやすい「時間貸し」サービスへの懸念や、足がつきにくい攻撃の「発信元」として利用される危険など、クラウドコンピュータが攻撃者が犯罪に利用される実例に触れながら説明。スパムの発信元を提供する「The Spamhaus Project」では、すでに「Amazon EC2」のサーバがすべてブラックリストへ登録されていることを紹介した。

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA