Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監視すれば必ず見つかるインシデント、1000台につき平均55件/日 - 一方で進まぬUSBメモリ対策やパッチ導入

ウイルス感染に悪用されるオートラン機能がそのまま放置されていたり、OSのセキュリティ更新プログラムが実施していないなど、ベンダーより危険性が指摘され、すでにセキュリティ対策が用意されているにもかかわらず、こうした対策を実施していない企業が依然減っていないようだ。

トレンドマイクロのThreat Monitoring Centerでシニアスレットリサーチエンジニアを務める小松優介氏によれば、同社が実施したセミナーの参加者を対象に、USBメモリのセキュリティ対策の実施状況を調べたところ、依然として半数ほどの企業が何も対策を実施していなかったという。

091130tm1.jpg小松氏

USBメモリのオートラン機能を停止する方法については、マイクロソフトや情報処理推進機構(IPA)といったセキュリティ機関よりアナウンスされているが、こうした対策へ疎い企業が少なくない。

また同氏によれば、マルウェアに悪用されることで有名になった「MS08-067」のパッチについても、2008年10月に公開されてからかなり時間が経過しているにも関わらず、同様に未適用の企業が依然として存在しているとの印象があると述べている。

同社が毎月まとめているウイルス感染報告のランキングの10月度を見ると、USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN」は首位。「MS08-067」を悪用したり、USBメモリ経由でも感染する「WORM_DOWNAD」がも3位と上位に位置している。

(Security NEXT - 2009/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を