Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

続くフィッシング増加傾向、攻撃被害国は英国が米国を上回る - RSA調査

RSAセキュリティは、オンライン犯罪に関するメディア向け説明会を実施した。

同社が9月に観測したフィッシングサイト数は1万7365件で、前回8月の1万6164件から増加した。4月以降増加傾向が続いており、過去1年間で最高水準に達している。

フィッシングサイト数

今月は、フィッシングの被害を受けた被害国の順位に変動があり、48%をしめた英国がトップとなった。同国の特定金融機関を狙った攻撃の多発が増加の原因で、米国は42パーセントと順位を落とした。3位はイタリアだがわずか3%に過ぎず、上位2国と大きな差が開いている。

悪用されたブランド数は216件で、8月の195件から増加した。ただし目立った増加ではなく、5回以上攻撃を受けた企業の割合が増加するなど、特定のブランドへ攻撃が集中している状況に変化はなかった。ブランドの割合で被害国を見た場合、54%が米国で、15%の英国を上回っている。

悪用されたブランド数

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト