Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトがトップ10圏内に3種 - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは、1週間に発見や報告を受けたウイルスの状況を取りまとめた。

国内では、今回も前回同様「MAL_OTORUN2」がトップを獲得した。前回感染が拡大していたボット「TROJ_MAILBOT.GA」は、9位へ順位を落としている。

2位には「WORM_DOWNAD.AD」、3位には「CRYP_KRAP」が続いた。また偽セキュリティ対策ソフトが4位や5位へ3種類がランキングへ入っている。海外でも「MAL_OTORUN2」の勢いは衰えておらず首位を獲得。「CRYP_MANGLED」「CRYP_KRAP」が続いた。

同社がまとめたランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(10月5日から10月11日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:WORM_DOWNAD.AD
3位:CRYP_KRAP
4位:MAL_FAKEAV-9
5位:MAL_OTORUN1
5位:TROJ_FAKEAV.BNO
5位:TROJ_FAKEAV.PEP
8位:CRYP_NSANTI-10
9位:CRYP_OPET-3
9位:MAL_OTORUN
9位:MAL_PCLIENT
9位:PE_INDUC.A
9位:TROJ_MAILBOT.GA
9位:WORM_GAMETHI.FNT

全世界のウイルス感染および発見報告数(10月8日から10月14日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:CRYP_MANGLED
3位:CRYP_KRAP
4位:CRYP_OPET-3
5位:MAL_VUNDO-9
6位:MAL_OTORUN1
7位:CRYP_VUNDO-28
8位:CRYP_VUNDO-23
9位:WORM_DOWNAD.AD
10位:CRYP_NAIX-7

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」