Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップル、脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開

アップルは、Java環境の脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開した。

同アップデートは、Mac OS X 10.5.8においてJava環境の信頼性やセキュリティなどを向上するプログラム。適用することにより「Java 1.6.0_15」「Java 1.5.0_20」「Java 1.4.2_22」へアップデートされ、信頼されていないJavaアプレットが実行され、権限の昇格が発生する問題を解消する。

About the security content of Java for Mac OS X 10.5 Update 5
http://support.apple.com/kb/HT3851

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2009/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正