Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、HTMLなど静的コンテンツへのアクセスを制御する新製品

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、ウェブサイトの静的コンテンツに対するアクセス制御を行える「Webコア・コンテンツガード」を、8月10日より発売する。

同製品は、HTMLやファイルなど静的コンテンツに対してアクセス制御が行えるセキュリティソリューション。ファイルやフォルダ単位で、ユーザーやグループごとにルールを設定することが可能で、ウェブサーバや既存コンテンツの変更せずに導入できる。

アクセス権限がないコンテンツへアクセスした場合、アクセス制限やコンテンツ内容の置換することが可能。またエージェントを導入することで、サーバ間のシングルサインオンにも対応している。

(Security NEXT - 2009/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ