Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年は「事故前提社会の自覚」の時期 - 「セキュア・ジャパン2009案」のパブコメが開始

情報セキュリティ政策会議と内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、2月に決定された「第2次情報セキュリティ基本計画」の具体的な施策を取りまとめた「セキュア・ジャパン2009案」のパブリックコメントを開始した。提出期限は5月29日。

同案では、 2009年度における情報セキュリティの基本的方針をはじめ、2011年度までの方向性、課題や情報セキュリティ政策の重点など盛り込んでいる。

「すべての主体に事故前提の自覚を」というサブタイトルが掲げられており、2009年について事故前提社会の自覚の年とし、IT障害も発生していることから、2009年度から積極的に取り組みを開始すべき事項とした。

またコストバランスや利便性など踏まえた合理的なアプローチの実現や、ITがあらゆる分野の発展を支える基盤であることから、経済危機といった経済情勢への対応など方向性として示している。

そのほか政府機関や地方公共団体、重要インフラ、民間における取組みの推進と政策目的の着実な実現、横断的な情報セキュリティ基盤の強化と発展のほか、翌2010年度に取り組むべき課題なども盛り込こまれた。

(Security NEXT - 2009/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定