Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G DATAブランドを悪用する詐欺サイトが発生 - 偽セキュリティソフトを押し売り

G DATA Softwareは、2月16日ごろより同社の社名を悪用した偽セキュリティソフトの押し売りサイトが発生しているとして、注意を呼びかけている。

問題のサイトは、ウイルス対策ソフトが無料で利用できるといった文句を記載した「antivirus-security.net」。一部動画共有サイトなどにおいて、ウイルスに感染したかのように誤解させる偽のアラートを表示し、「アップデート開始」ボタンで同サイトへ誘導しているという。

同サイトの左上には、G DATAのロゴを表示しているが、同社とは無関係である詐欺サイトで、「無料」との記載があるものの、ページ下部には「14日間のテスト使用期間後、自動的に2年の契約延長が行われる」と書かれており、氏名や住所などの個人情報を入力すると2年分の請求書が送りつけられる。

今回の攻撃は、同社製品のシェアが高いドイツを中心に、オーストリア、スイスのユーザーを狙ったとみられている。登録国の選択肢に日本がないことから、国内における被害発生する可能性は低い同社では予測しているが、個人情報などを誤って送らないよう注意喚起を行っている。

090223gd.jpg
「G DATA」のロゴが配置された「antivirus-security.net」

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起