Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーバンク銀で不正引出被害、RMT経由で換金か - 個人情報漏洩は否定

イーバンク銀行は、一部顧客の預金口座へ不正ログインがあり、金銭が不正に引き出されたと発表した。

11月10日以降に不正アクセスが行われ、電子マネーの購入やネット振込決済サービスなど、複数の被害が発生。被害額は140万円に上るという。RMT(リアルマネートレード)による換金を目的にオンラインゲームの通貨などを購入したと見られている。

同行では今回の不正引き出しの原因について、口座へアクセスするためのIDやパスワードなど、ほかのECサイトより入手し、暗証番号など推測されてアクセスされた可能性があるとしており、情報漏洩の発生については否定している。

同行では、利用者に対して他サイトと共通のIDやパスワードにせず、IPによるアクセス制限を行うなど自己防衛を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
口座利用者以外が「mijicaカード」を不正作成か - カード到着前に利用形跡
ゆうちょ銀、210件4940万円を補償 - 173件は本人や家族利用として対象外に
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
ゆうちょ銀、あらたに約60件220万円の被害申告