Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年第2四半期の国内フィッシング攻撃はわずか6件 - フィッシング対策協議会まとめ

フィッシング対策協議会は、2008年第2四半期のフィッシングに関する調査レポートを取りまとめ、公表した。

国内におけるフィッシングサイト報告件数は、2007年第4四半期に54件と過去最悪を記録したものの、2008年第1四半期に34件へ減少。さらに第2四半期に入ってからは6件へと激減したという。

一方、ブランドの悪用については、ヤフーやキャッシング事業者を騙るケースが、それぞれ4月に1件、6月に3件が発生。また海外事業者のブランドを悪用するケースは5件に上り、「Bank of America」「PayPAl」「Google AdWords」「First Bank」「Sun Trust Bank」などが利用された。

また海外については、Anti Phishing Working Groupにおける2008年第1四半期の報告件数に触れ、2月に3万716件とピークに達し、2008年4半期では8万5630件だった。

(Security NEXT - 2008/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査