Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のフィッシング届け出状況は低水準ながらも増加 - フィッシング対策協議会まとめ

フィッシング対策協議会は、8月のフィッシング届け出状況をとりまとめ、公表した。

同協議会によれば、8月の届け出件数は5件。過去1年の平均件数から比較すると低水準だが、7月の2件から増加となった。フィッシングメール、フィッシングサイト、ブランドの悪用被害など、いずれも報告数が2件から4件へ増加している。

英文によるフィッシングメールとしては、「Associated Bank」を偽装したものが確認された。定期的なアカウントの確認として情報を詐取する内容だった。また広告サービスの支払いが確認できないとして、カード情報の提供を求める「Google Adwords」を偽装したメールも確認された。

一方、「NICOS」を偽装したフィッシングメールは日本語で記載されており、誘導したウェブサイトで個人情報を詐取する目的で送付されていた。「UFJ Card」を偽装したメールは文字化していたが、ウェブサイトでは日本語や中国語で配信されており、カードの有効化のためにカード番号や有効期限など入力させようとする内容だった。

(Security NEXT - 2008/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査