Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪、前年同期から2割増 - 警察庁まとめ

2008年上半期におけるサイバー犯罪の検挙件数が、前年同期から21.2%増加したことが警察庁のまとめでわかった。

同庁によれば、上半期の検挙件数は2192件で、1808件から急増。不正アクセス禁止法違反は前期からほぼ横ばいの157件だったが、電磁的記録対象犯罪が73件と78%の増加を記録した。また詐欺や児童買春、出会い系サイト規制法違反など増加したことから、ネットワーク利用犯罪も1962件で21.8%増となった。

各都道府県警察が受理した相談は、16.5%増加し3万8506件。「詐欺・悪質商法」、「名誉毀損・誹謗中傷」、「迷惑メール」に関する相談が急増したという。

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用