Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションの影響でマルウェア配信サイトが大幅増加 - メッセージラボ

メッセージラボがまとめた7月のセキュリティレポートによれば、SQLインジェクション攻撃の影響でマルウェアを配信するウェブサイトが大幅に増加している。またGoogleのウェブアプリを悪用したスパム行為が引き続き発生している。

7月に同社が検知したマルウェアが含まれるウェブサイトは、1日あたり3968件にのぼり、SQLインジェクション攻撃の影響で6月の2076件から大幅に増加した。配布されているマルウェアの83.4%が新たに発見されたものだったという。

メールにおけるスパムの割合は75.1%。前月同様7月には、有名人の名前を利用したスパムメールが大量に発生。動画を偽装してマルウェアへリンクし、偽セキュリティプログラム「Antivirus XP 2008」がダウンロードされるケースが確認されている。

また定義ファイルベースのスパム対策を逃れるため、以前より「Googleドキュメント」や「Googleカレンダー」を悪用する攻撃が確認されているが、あらたにウェブサイトを気軽に作成できるサービス「Google Sites」を利用したケースが確認されている。

同サービスでは、プログラムなどを利用して大量にアカウントを作成されることを防ぐために認証技術「CAPTCHA」が利用されているがすでに回避されており、7月の時点で発信されているスパムの1%だが、今後増加するおそれがあるという。

(Security NEXT - 2008/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」