Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語フィッシングメールの受信経験者が倍増 - フィッシング対策協議会報告

インターネット利用者の4人に1人は、フィッシングメールの受信経験者であることが、フィッシング対策協議会の調査でわかった。

同協議会が、2008年2月にウェブサイト上でインターネット利用者を対象に、フィッシングに関する意識調査を実施したもの。同調査は今回で2回目を迎え、携帯電話に関連した項目についても調べた。有効回答数は1083。

調査結果によれば、87.1%のインターネットユーザーがフィッシングを認知しており、2007年の81.2%から増加した。しかし普段から対策を取るなど気を付けているユーザーは、約半分以下にとどまった。

パソコンでフィッシングメールを受け取った人は24.8%で、昨年度の14.8%から大きく増加した。日本語で書かれたフィッシングメールを受信したユーザーの増加が原因で、2007年の7.8%から16.9%と倍増した。

携帯電話については、11.4%とフィッシングメールを受け取ったユーザーはパソコンより少ないものの、日本語のフィッシングメールを受け取ったユーザーが大半だった。

被害経験者は1.4%で、そのうち80%が個人情報を詐取され、46.7%が金銭的な被害を被ったという。また会員情報の改ざんや不正利用などが行われたケースが報告されている。

(Security NEXT - 2008/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向