Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月は悪意あるウェブサイトが6割増 - メッセージラボレポート

メッセージラボが、6月のウイルスの検出状況などをまとめたところ、悪意あるウェブサイトが前月より6割弱増加したことがわかった。

同社によれば、悪意あるウェブサイトへのアクセスをブロックした件数は、前月から58%増加し、2007年4月以来の最高値へ達した。1日あたり平均2076件のペースで不正サイトが発見されており、ウェブベースのマルウェアのうち31.4%が新種だったという。

6月のスパム率は76.5%で、前月から0.3%の増加。日本国内では若干低いものの70.7%がスパムだった。第2四半期においてはstormボットネットの活動は、5%未満大きく減少し、スパムの約40%を配信する「Srizbi」などへ移行しており、北京五輪や四川大地震に関するメールを送信している。

しかしながら、民主党の大統領候補であるオバマ氏など有名人や受信者を侮辱する内容のスパムなど、依然Stormボット経由のスパムについても確認されており、リンクは検索エンジンを通じてマルウェアサイトへアクセスさせる内容だった。

(Security NEXT - 2008/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン