Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリへの攻撃防御を2週間試せるキャンペーン - 検知結果レポートも

NTTデータ・セキュリティは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を2週間無料で貸し出すキャンペーンを9月30日まで実施している。

同キャンペーンは、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングをはじめとするウェブアプリケーションへの攻撃を防御するImperva製のWAF「 SecureSphere」を2週間無料で貸し出すもので、機器の設置や初期設定も無料で提供する。

試用期間終了後は、攻撃検知の結果レポート。またキャンペーン利用者に対してサービス価格で提供する。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec