Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

景品表示法違反の原因はシステムの誤操作 - エイブルが釈明

不動産賃貸仲介大手のエイブルは、一部サービスにおいて事実とは異なる不当表示があり、景品表示法に違反するとして18日に公正取引委員会より排除命令を受けたことに対し、システムの誤操作が原因だったと釈明した。

「交通の利便」「建築年」の表示に誤りがあったほか、存在しない物件や賃借中の物件を表示するなど違反行為があったことから排除命令を受けたもの。同社は調査結果として、システムへ入力したデータの人為的なチェックミスやシステムの誤操作が原因であると説明している。

同社では排除命令に対して、表示に問題があったことを事実として認め、受け入れる方針で、今後はコンプライアンスを徹底し、再発防止を目指すという。

エイブル
http://www.able.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
住民向けアプリが外部アクセス可能に - 高砂市
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合