Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームのログイン情報盗むウイルスが台頭 - ESET調査

ESET製品を取り扱うキヤノンITソリューションズは、5月にESETのマルウェア追跡システム「ThreatSense.Net」で検出したウイルスのランキングを発表した。

トップは、キーロガーやrootkitの機能を備えたトロイの木馬やその亜種の総称である「Win32/PSW.OnLineGames」。オンラインゲームのログイン情報を盗み出すもので、検出されたウイルスの約18%を占めた。2位はアドウェアの「Win32/Adware.Virtumonde」。僅差でオートラン機能を悪用する「INF/Autorun」が続いた。

そのほか目立った動きとしては、感染マシンのDNS設定やhostsファイルを変更するトロイの木馬「Win32/Qhost」が32位から8位に急上昇した。またMP3プレイヤーに偽装されたスパイウェアをダウンロードする「JS/TrojanDownloader.Wimad.N」がランク外から9位に入っている。同社がまとめたランキングは以下のとおり。

1位:Win32/PSW.OnLineGames
2位:Win32/Adware.Virtumonde
3位:INF/Autorun
4位:Win32/Pacex.Gen
5位:Win32/Adware.SearchAid
6位:Win32/Toolbar.MywebSearch
7位:Win32/IRCBot.AAH
8位:Win32/Qhost
9位:JS/TrojanDownloader.Wimad.N
10位:Win32/Agent

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」