Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割のビジネスユーザーがメール誤送信を経験 - 解雇されたケースも

約7割のビジネスユーザーが、メールの誤送信を経験していることが判明した。HDEが、2007年12月にビジネスでメールを利用しているインターネットユーザーに対して調査を実施したもの。有効回答数は515。

調査によれば、66.2%がメールの誤送信を経験。ファイルの添付し忘れが45.4%とトップで、「書きかけのメールを送信」したとの回答が29.9%で続いた。

またアドレス帳の選択ミスにより送信先を誤ったケースも26.8%と多く、4人にひとりが事故を起こしている。アドレスのタイプミスやメールクライアントの自動補完機能による宛先違いなど含めると、38.3%に上った。BCCを利用せず、宛先やCCとして設定し、送信してしまったケースは6.2%だった。

「誤送信」によるビジネスへの影響については、9割以上が「特に影響はなかった」とする一方、4.1%が謝罪に行っており、1.2%が取り引きに影響が出たと回答している。また0.3%と少ないが、誤送信により解雇されたケースも報告されている。

誤送信対策としては、目視による複数回のチェックがもっとも多く、6割以上。「アドレス帳の活用」や「最後に宛先を入力する」「メールを直ぐに送信しない」といった回答もあった。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件